Sound of Tateyama Cedar Trees ~ 立山杉曲

昨年7月、上市町在住の自然ガイド井原慎吾さんと一緒に「森を感じる一日~大人の休日」というツアーを行った。舞台は立山町の美女平。立山黒部アルペンルートの入り口だが、ほぼすべての観光客が乗換で通り過ぎていく場所。富山の人もここをゆっくり歩いたことがある人は意外に少ない。

僕らはここ立山の森の魅力を五感で感じてほしかった。特に富山の方に。北国の厳しい冬と深い雪のなか、何百年も生きているこの杉に触れてほしかった。何となくこの杉は富山人に似ている気がした

井原さんの森を感じるツアーは感動的だった。涙を流す人もいた。そして立山の森に魅了されたある富山市の参加者が、「立山杉の曲をつくりたい。多くの人に立山の森の魅力を知ってほしい」と言った。それが始まり。

といっても誰もそんな曲を作ったこともない。しばらく進まなかった。ふと参加者の中に、立山町新瀬戸の瓦屋&写真家の釈永聡さんがいたことを思い出した。五百石でライブを定期的に開催している、民家茶屋「がーびる」の堀さんも参加していた。釈永さんの写真と堀さんの知り合いの音楽家で、この「立山杉曲」がつくれないか。それからゆっくり前進。

こうしてできあがった「Sound of Tateyama Cedar Trees ~ 立山杉曲」は、とても優しい曲になった。いろいろな人の想いと関わりでこの曲が生まれた。そして堀さんが、「この曲のお披露目のコンサートをやろう!」と提案。そこで12月8日と9日の「トリオtheがーびる~立山杉曲コンサート」の開催が決まった。

そんなこんなで12月9日(日)13時半から陶農館で開催される、このコンサート。森と音楽を感じにぜひいらっしゃいませんか!皆さんのお越しを心よりお待ちしています。

http://www.youtube.com/watch?v=MIUEih_l-9U
 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Best Juicer (水曜日, 17 4月 2013 16:10)

    This is a great write-up! Thank you for sharing!