みんなで作った「キッズひまわり迷路in立山」、ついにオープン!

久々のブログ更新です。皆さんお元気ですか?

 

528日に富山市や立山町のみなさんに声をかけてお集まりいただき、種まきから始めたひまわり迷路プロジェクトですが、先週土曜日820日土曜日についに「キッズひまわり迷路in立山」が立山・陶農館横の畑にてオープンしました。

 

このひまわり迷路プロジェクトですが、5月の第2回種まき、6月の第2回種まきと植え替え、そして7月のかかしづくりや肥料やりなど、地区内外の多くの方に関わっていただきました。のべ70名くらいの方に協力していただいたかな。途中ひまわりの生育が良くなかったり、草刈が追いつかなかったり、そして開催直前にはゲリラ豪雨で被害に受けたりといろいろありました。それでも、ご協力していただいた一人一人の方のおかげで、数千本のひまわりは無事に花を開き、ようやくオープンにこぎつけました。

今日のひまわり迷路の様子
今日のひまわり迷路の様子

事前に北日本新聞、富山新聞、朝日新聞に掲載していただいたおかげで、820日から多くの方にいらしていただいています。週末はあいにくの雨模様の天気でしたが、それでも100名以上の方にいらっしゃっていただき、子供たちが駆け回る声が、田んぼの中のひまわり畑に響きました。また多くの方が記念撮影をしていかれています。普段こちらに来られる機会がなかった方にきていただいたのがとてもうれしいです。

この「ひまわり迷路作り」で、私が一番大切に思っていたのが、その「プロセス」でした。こんな手間がかかる企画に人が協力してもらえるか、一緒に汗を流してもらえるか、最初はとても不安でした。ただ一歩一歩進むうちに協力してくれる方が少しずつ集まってきてくれました。作ったかかしをもってきた木槌でそなえつけてくれたり、突然草刈機を持って現われ草刈を協力していただいた地元の方には、涙が出るほどうれしかった。地域おこしは人が「一緒に知恵を絞り、一緒に汗を流す」ことが基本ではないでしょうか。このひまわり迷路は、ひとつのイベントですが、少しはそんな機会になったのではないかと思っています。

この「キッズひまわり迷路in立山」、9月初旬までは遊ぶことができそうです。よろしければ皆さんもひまわりに会いにいらっしゃいませんか?

 

場所: 立山町 越中瀬戸焼 陶農館の横の畑 (立山町瀬戸新31)

http://www.e-muchtoyama.com/tmpl/shop_m11tounou.html

電話: 076-462-3929

 

皆さんのお越しを、心よりお待ちしています。

      

富山県立山町「地域おこし協力隊」

小島 路生

 ツイッター:     http://twitter.com/michio_kojima

ブログ:      http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/3996/

ホームページ  http://tateyama-kokoro-village.jimdo.com/