「立山カントリーウォーク冬編 スノーシュで歩こう」開催しました!

今回は新しいプログラムを開催しました。

 

今回初めて開催した企画は、その名も「立山カントリーウォーク」。このプログラムは、立山の里山をいろいろな視点でゆったりと歩くことで、参加者の方にその四季を身近に感じてもらおうというものです。もともとこの企画、立山町の隣町、上市町在住で自然ガイドとスキーのチューンナップ会社「ハッピー」をされている井原真吾さんと出会ったことから始まりました。井原さんの、「立山の里の四季をもっともっと多くの人に気軽に感じてもらいたい」という想いに意気投合、二人で「とりあえずやってみよう」と、企画を立ち上げました。この「立山カントリーウォーク」は年間プログラムで、1、2ヶ月に1回、四季を感じられる場所を立山の里山からセレクトし、井原さんのガイドのもと、井原さんのガイドのもと四季をほっこりと楽しんでいただければと思っています.

 

今回はその第一回目、冬ということでスノーシュをセレクトし、「冬編 スノーシュで歩こう」としてみました。どうせなら北陸の冬の森という、なかなか入ることができない空間に、スノーシュでみんなで歩こうという企画です。会場は立山町のグリーンパーク吉峰。自然の丘陵の地形を活かした自然公園です。参加者はいろいろな知り合いに声をかけ、8歳から60代までの幅広い年齢層で富山市や立山町の方16名。私のブログを見て参加された方もいらっしゃいました。これだけの方に来ていただいて、それもお金をいただくのですから、皆さんをぜひ楽しませたい、おもてなししたい。そして参加される皆さんの良き出会いの場となればと思い二人で準備してきました。

当日は晴天に恵まれ、最高のスノーシュ日和。これは立山の神様のプレゼント。参加者のテンションも高まっています。朝10時にまずは雪の上でスノーシュの歩き方の講習。かかとをしっかりとさせて歩くと、意外に安定感があります。それから参加者の皆さん輪になって、雪のうえでゲームをかねた自己紹介をしました。

冬の森に入ると今まで見えない景色に出会い癒されました。タヌキやキツネ、そしてウサギと思われるいくつもの動物の足跡がみつかりました。動物の落し物(ふん)もたくさんありました。また雪がないときには入っていけないようなところでも、雪の上では自由に森のなかを歩くことができ、解放感があります。途中で平坦な道をゆっくり歩きたいグループと、急勾配をのぼっていくチャレンジグループの二つのグループにわかれて、丘の上をめざします。途中で休憩をはさみ、井原さんの自然の話しや森の音をききながら、ゆっくりとのぼっていきます。

ゆっくり登っていきます
ゆっくり登っていきます

一時間ほどで頂上の近くの「ドングリの森」につきました。そこで井原さんがリュックからスコップを取り出し、みんなで円のかたちに雪を掘って、雪の円卓をつくります。そこで持参したサンドイッチとその場で暖かいスープとラテをつくり、ランチタイム。参加者の方からは、「こんなところで食べる食事がおいしくないはずがない」と言う声が。確かに雪のうえで、みんなでいただく昼食はめちゃくちゃおいしかった。

みんなで雪の森ランチ
みんなで雪の森ランチ

食後は丘の上にあるタワーにのぼると、立山連峰と富山平野の両方の絶景が見渡せました。こんなに立山連峰が綺麗に見える冬の日は少なかった。本当に運が良かったです。

立山連峰の眺め
立山連峰の眺め

下りはみんなでわざと道がない森のなかを降りてきました。あちこちで歓声があがります。その途中、なんと日本カモシカと遭遇。カモシカは不思議そうに参加者を5分くらい眺めていました。こんな出会いも予期できなかったもの。

 

日本カモシカと遭遇
日本カモシカと遭遇

2時ころに丘から降りてきました。最後はみんなで記念撮影をして終了しました。みなさん大満足のご様子でした。その後は、参加者皆さん同士の話がはずんだり、名刺を交換したりとまさに私達が望んでいた展開。冬の里山を再発見できる楽しい時間であったとともに、参加していただいた方同士の良い出会いの機会となりました。

みんなで記念撮影 右端下が井原さん
みんなで記念撮影 右端下が井原さん

さて現在、第2回「立山カントリーウォーク、冬編、ネイチャースキーで歩こう」の参加者を募集しています。ぜひぜひ皆さんもこの機会に立山の自然を気軽に楽しみませんか?

2回「立山カントリーウォーク、冬編、ネイチャースキーで歩こう」

2月20日(日) 午前9時、国立青少年自然の家 集合
大人 2000円、 子供 1000円 (スキーレンタル代、軽食込み)
定員 20名(靴が20cmから29cmの方なら、どなたでも何歳の方でもご参加できます)
参加申し込みまたご質問は michio_kojima@hotmail.com までお待ちしています。

皆様のご参加お待ちしています!立山にいらっしゃいませんか?

---------------------------------------------------------

富山県立山町「地域おこし協力隊」

小島 路生

ツイッターhttp://twitter.com/michio_kojima

ホームページ:http://tateyama-kokoro-village.jimdo.com/