素敵な立山風景 立山連峰③ 立山雄山

立山の山デビュー最終日は、室堂から立山雄山登山をしてきました。

 

立山は富士山、白山と並び、日本三霊山のひとつです。立山とは山脈の総称で、雄山を一端に立山呼んできました。古くから立山信仰の対象として、参拝登山が行なわれ、3003メートルの雄山頂上には雄山神社がもうけられています。

 

朝5時半に室堂を出発。山の空気は澄み切っていて、心地よい朝の涼しさのなか、雄山頂上を目指します。8月上旬ですがまだ多くの雪渓が残り、その雪渓を渡りながら少しずつ登っていきます。

一ノ越山荘までの一時間は比較的平坦でしたが、ここからが急勾配となります。その急勾配を登り始めて見ることができたのが、ブロッケン現象。自分の影が、虹色のシルエットの中で霧のスクリーンに映る現象で、めったにお目にかかるころができません。とても幸運でした。

ブロッケン現象
ブロッケン現象

急勾配をまた1時間ほど登り、息が上がってくると、ようやく山頂に到着です。こちらには社務所があり、その脇の頂上には雄山神社が登山者を迎えます。そちらには神主さんから御祓いをしていただけることができます。

頂上でお神酒をいただく
頂上でお神酒をいただく

山の頂上の天気はとても変わりやすい。霧に包まれたかと思うと、また室堂の景色が眼下に現れてきました。

頂上からみる室堂の様子
頂上からみる室堂の様子

 

三日間堪能することができた立山の山デビュー。なんだか、かなり立山にはまった感じがします。こんな素晴らしい山がこんな近くにあったのか。これからまた季節も移り変わり、9月後半からは紅葉のシーズンとなります。また多くの観光客がここ立山を訪れるでしょう。

 

こんな立山に皆さんもいらっしゃいませんか。秋また行ってきます!