婚活企画「自然体験&一期一会プロジェクト」開催!

婚活企画「自然体験&一期一会プロジェクト in立山」が、立山町のグリーンパーク吉峰で行われました。

 

このプロジェクトの企画の発端は、私が地区の方の挨拶周りをしていたときに、様々な方から「若者の出会いの機会がなくて困っている」という話をお聞きしました。そこで立山町役場の企画政策課に相談したところ、町としても過疎化・少子化対策のために出会いサポート事業を検討していたため、実行委員会を設けて実施することになりました。私が実行委員長となり、また自分が企画した独自の活動としては、まさに初めてのものであり、どうしても成功させたかったものです。

 

スタッフは立山町役場の有志やボランティア計9名で、参加者と同じような若者が中心に集まりました。スタッフも婚活企画は始めてで、手作りでアットホームなもてなしを目指します。朝8時半から準備をはじめ、9時にスタッフミーティング、そして円陣を組んでスタートです。今日は残念ながら、プライバシーの関係で写真は近くでは撮れません。

 

 

本当にみんな来てくれるからなとドキドキしていると、一人また一人といらっしゃいました!そして男性11名、女性10名の21名に参加していただきました。半分は立山町在住または勤務している方、そして残り半分が富山市など近郊の方になりました。

 

まずはじめに、室内でスタッフ紹介と参加者の自己紹介。自己紹介で皆さん緊張した面持ちだったので、アイスブレーキングとして、一つゲームを入れました。

緊張が解けたところで、2重の円のように椅子に座っていただいて、一組2分間のトークタイム。2分間ごとに、男性が時計回りに一つ席をずれていただき、参加者全員と一対一で話しができるようにしました。そのトークタイムでは、話していただくテーマを、こちらから設定させていただきました。例えば、「子供のときよくしていた遊びは?」とか「宝くじが一億円当たったら何する?」とかです。参加者に聞くとテーマがあったので、話し易かったとのこと。スタッフみんなであれこれ考えたかいがありました。

その後はバーベキュー場に移動して、ダッチオーブンの準備とバーベキュー。1時間半ほど3班に分かれてバーベキューとダッチオーブンを楽しみました。

 

そして今回のメインなイベントとなる、アウトドアでのアイスクリーム作り。男女2人ずつ4人一組を組んでもらって、アルミ缶の中に材料(牛乳・生クリーム・砂糖・バニラエッセンス)を入れて、その缶を今度は氷と塩を入れたペットボトルに入れて、ひたすら10分間転がします。そうすると、中の材料が凍り、アイスクリームができあがります。これが参加者のなかで、やはり一番盛り上がりました。特にふたをあけて中を覗き込んだときには、歓声があがりました。立山産のブルーベリーと一緒に食べると、どこからもおいしいという声を聞くことができました。

その後は室内に戻り、ティータイム。話の輪に入っていけない方を、「出会いサポート」の二人がフォローしながら、最後のフリータイムです。そちらも30分ほどで終了し、最後には連絡カードを書いてもらいます。こちらは自分の連絡先を一人につき3人までの異性の気に入った方にお渡しするサポートです。受け取った連絡カードを、スタッフが裏で一人一人の名前の書かれた封筒に入れます。

 

最後に参加者全員に、それぞれの封筒をお渡しして終了。後のことは皆さんにおまかせしました。「カップル誕生」とかはわからないのですが、良い出会いがあればいいのですがね。

婚活企画も実際にやってみると、大変で手がかかるし、とても気も使いますが、それ以上にとてもとても楽しいものでした。スタッフ全員がこんなに楽しんだのだから、参加してくれた方も楽しんでくれたのではないでしょうか。個人的にも、企画の立案や運営、司会進行の仕方、場の和ませ方など、本当に勉強になりました。

 

イベント終了後のスタッフ反省会でも、「また冬にやろう!」、ということになりました。何よりいい仲間になれて嬉しかった。前よりもちょっとだけ立山町の一員になれた気がした一日でした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Dennis (日曜日, 22 7月 2012 02:21)

    Worthwhile info. Fortunate me I discovered your web site by accident, I bookmarked it.