お米300キロ立山出発!「こころのお米プロジェクト」②

今日は昨日に引き続いて、「こころのお米プロジェクト」についてです。

本日正午に、立山町のミネラルウォーター会社の「大観峯」より横浜に、加藤春夫さんから提供していただいた富山米コシヒカリ300キロが発送されました!このお米300キロは、横浜を拠点とする非営利組織「にこまる食堂」が経営する5軒の食堂で、ひきこもり若者や貧困層の職業訓練のために活用されます。この一ヶ月くらいこの準備をしていたので、とてもとてもうれしいです。大げさですが、まるでわが子の旅立ちを見ている気持ちがしました。それも私の出身地の横浜に向かうとは。「がんばれよ。一粒一粒が横浜で役に立ってこいよ!」、と声を掛けました。

 

にこまる食堂

http://www.k2-inter.com/nikomaru/index.html

 

昨日の北日本新聞とチューリップTVに引き続き、今日は地元のケーブルテレビNet3の記者と、立山町役場の「広報立山」の編集者の方が取材に来られました。その記者の方々と一緒に、トラックに300キロのお米が載せられ、横浜に運ばれていくのを見送りました。到着は明日水曜日の午後になるそうです。横浜に到着することが本当に楽しみです!

最後はお米の寄付のお願いです。

 

私たちは、今後とも「こころのお米プロジェクト」として、立山町および富山県内の農家や住民の方々にお米の寄付のご協力をしていただけたらと考えています。その提供されたお米を、地域おこし協力隊の仲介のもと、都市部で緊急にお米を必要とするホームレス支援団体、若年層就職支援団体、児童養護施設などの市民団体に格安で提供する予定です。そしてその収益を富山と立山の地域おこしや里山保全、環境保護活動に活用していきたいと思っています。

 

「お米5キロでも10キロでもかまいませんので、皆様の温かい“こころのお米”の寄付をお願いします。もし提供していただければ、都市の貧困者支援と農村の地域おこしの両方に有効に活用させていただきたいと思います。」

 

私の連絡先は以下のとおりです。

 

富山県立山町「地域おこし協力隊」

富山県立山町瀬戸新25

小島 路生

 

E-mailmichio_kojima@hotmail.com

ツイッターhttp://twitter.com/michio_kojima

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Samson (月曜日, 23 7月 2012 15:14)

    Very good article i just submitted your website to stumble upon and also i bookmark your website in my pc for future visit