恐るべし!立山町の古紙回収

今日は朝から新瀬戸地区の古紙回収。僕の今までのイメージでは古紙回収は、月一回、それも新聞業者が回収するため、家の外に出しておくだけ。ただここ立山町の古紙回収はすごい!年に春と秋の2回のみ。朝7時から住民総出、自家用車で全戸から回収。およそ参加者300名。それを小学校の校庭のトラック6台・軽トラ4台(これも住民からの提供)に、新聞・チラシ・雑誌・ダンボールと人力でわけて載せていく。

3時間後には、すべてのトラックと軽トラは、古紙で満載。若手衆が自分でトラックを運転し、街中の立山製紙に持っていき計量する。そのリサイクル代が学校の経費の補助となるという。

なんという住民パワーと組織化。立山町の古紙回収は恐るべし。ただ晴れてよかった。