元気敬老会の朝ウォーキング

今日は朝から立山町新瀬戸地区の敬老会の方々と一緒に、ウォーキングをしてきました。参加者は60歳以上の男女9名。公民館に朝集まり、ラジオ体操からスタートしました。まだ桜が残るこの新瀬戸地区の丘陵地を、立山連峰を見ながら、一時間ほどかけてゆっくり歩きました。途中で「越中瀬戸焼」窯元のギャラリーを見学してきました。ここ新瀬戸地区は「越中瀬戸焼」の4つの窯元がある「陶芸の里」です。

何名かの方は、ウォーキングの後も「まだ歩きたりんわい」と、散歩を続けられていました。こちらの高齢者の方はいつも田畑に出られているからでしょうか、元気な方が多くいらっしゃいます。綺麗な空気と水、そして田畑での体を使う農作業など、都会ではできない贅沢があります。冬は雪が多く自然環境が厳しいところではありますが、その分たくさんの恩恵を自然から受けていると感じました。